忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 イギリスの科学者Michael Abbertonが牛のゲップが地球温暖化に与える影響に関する研究成果を発表したと言うんだけどさ、こんなものは今から十数年前にクローズアップされ掛かって立ち消えになった。

 なんで立ち消えたかと言えば、アメリカが世界最大の牛肉輸出国だからなのよ。

 ちなみに牛のゲップの主成分であるメタンの温室効果は二酸化炭素の21倍、牛一頭が一日に吐き出すメタンの量は200リットルくらいと言われてるからあとは掛け算ね。

 この研究は主に給餌に関することで、より消化のしやすい餌、ここでは「legumes」だからマメ科なんだろうけど、こういうものに変えてどれだけ減るか、こんなことのようだ。

 これも先だってのG8の結果なんだろうけど、問題はアメリカとオーストラリアっすよ。
イギリス単体では自国のノルマに焦点があってんだろうけどさ。

参照記事
Cows that burp less seen helping in climate fight
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]