忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 実は今日ある数多くのニュースの中で一番僕の目を引いたのがこの記事だ。

Iranians visit captives in Iraq


 このBBCの記事によるとイランのオフィシャルが面会を許可されて面会したそうだ。
先頃イギリス海軍の艦船がイラクの領海内でイランの沿岸警備隊によって拿捕され、水兵など15人が数日間抑留されたときも、この5人の事件との関わりを推論する人は多かったんだけど、アメリカが妥協したのは既に民間人とグレーな民間人合計5人がイランになんらかの理由をつけて拘束され、一部は既に収監された、そしてグレーな民間人ロバート・レビンソン氏はキシュ島で拉致されてテヘランに「空輸」されたという情報以後その消息は全く知れないんですが、このイランによる一連のアメリカ国籍者拘束事件は日本ではあまり報道されないんだけど、アメリカ国務省の定時会見では絶えず質問が出るほど関心が高い。

 マコーマックやケーシーは質問の都度かんじんのことには答えずに、のらりくらりと応答していますが、イランも相当制裁が効いてきているようだしアメリカもイラクでは死者の数を目覚ましく積み上げている割には目に見える成果を出せないでいる。

 そんな二国が歩み寄る切っ掛けを模索し始めている中での動き、そう考えると今後の進展が楽しみです。

類似記事
Iran: Officials Detained by US Complain

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]