忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 メルケルが来る、おもに中国に文句を言いにだがw でドイツの政府機関や首相府のシステムが人民解放軍にハックされたちゅう笑い話を書きました。

 なんで笑い話かと言えば、ワード文書で偽装したトロイの木馬にやられたから嗤ったんですが、この原因関係に関しては記事を書いたSPIEGELの記者のスキルとの関連もあるので定かなところはわかりません。
がしかし、人民解放軍の関連IPによる侵入を受けた、これだけは確かなようですが、驚いたことにペンタゴンもやられてたそうです。(爆

 最初に目にしたのはSPIEGEL ONLINEの記事「Chinesische Hacker legen Pentagon-Computer lahm」ですが、ソースがFinancial Timesなんでソースをあたってきました。
The Chinese military hacked into a Pentagon computer network in June in the most successful cyber attack on the US defence department, say American -officials. The Pentagon acknowledged shutting down part of a computer system serving the office of Robert Gates, defence secretary, but declined to say who it believed was behind the attack.
アメリカの当局者が"6月に人民解放軍によってハックされた、それは国防総省のコンピューターシステムに対する攻撃としてはもっとも成功したサイバー攻撃だ。"と語ったそうで...

 ゲイツのオフィスに繋がっている一部のシステムをシャットダウンせざるを得なくなったちゅうことなんだが、背景に関してはこの当局者は明言を避けたけれども、他の当局者と元当局者が、内部調査を行った結果犯人は人民解放軍だと特定されていると語ったそうですわ。

 まだなにが流出したかは特定できてないそうですが、可能性として、それが気密に属する情報ではなかろうと。
ただ、アメリカ当局がナーバスになっているのは、とりあえずハックされ、システム停止を余儀なくされたという点であり、この後、かなり重大なタイミングでこういうことを余儀なくさせることができるとすれば、それはそれで立派な攻撃になる、こういうことのようです。


その他参照記事
Chinese military hacked into Pentagon
China hacked into Pentagon computer network
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]