忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今のところ目に付いたのBBCとNYTだけですが、ダゲスタンから出稼ぎに来てる男性とタジキスタンから出稼ぎに来ている男性を拉致したあげくに処刑し、そのビデオを複数のWEBにアップロードしたらしい。

 近年ドイツでは外国人労働者に対する風当たりが強く、特に旧東ドイツ地域では暴行や襲撃が多発してるそうですが、ロシアでも多いようです。
 ただ、こういう事件、つまりは処刑してビデオを公開、しかも処刑方法が「首切り」と「銃殺」という異様さということですが、を目にするのは初めてで、近年貧富の差が拡大しちゃってるところでは、その憤懣は仕事を奪い賃金水準を下げることに貢献している外国人労働者に向く、これは我が国で言えばizaのブログでやたら中国や朝鮮を罵倒してる奴が多いのと似たようなもんでしょう。

 犯行を行って連中は自らをロシア国家社会主義党と称しているそうですが、この名前は初出のようです。
 そしてたとえばドイツの場合矛先は外国人労働者ですが、ロシアのこの連中の声明に拠れば、標的は外国人労働者のみならず支援者にまで広げているようですね。
※black colonists and those who support them from the Russian government.

 これは記事からだけでは読み取れないんですが、今回の被害者がすべてロシアとの係争地域の少数民族の人間なんですね、そういう目線で見れば、今回の2人は単に外国人労働者というだけでなく、「国家社会主義党」から見れば攪乱分子ということになるのでしょうし、そうだとすれば、攻撃の矛先が支援者、これはつまり人権団体ということになりますが、に向かうというのもなんとか理解できます。

 ちなみに彼らは標的を「black colonists」ってんだから「薄汚い入植者」とか「汚れた入植者」ということなんですが、そう呼んでいる。

 また、最下部のSPIEGELの記事によると、先般の鉄道爆破も極右の犯行である可能性があるそうな。
僕はてっきり少数民族のゲリラかと思ってたんだけど。

参照記事
Russia probes 'executions' video
Beheading and Shooting by Russian Neo-Nazis on Video
RUSSIAN NEO-NAZIS STRIKE AGAIN
Right-Wing Execution Video Under Investigation


 さて、ひょっとすればようつべに動画があるかと思い検索したんだけど見つからなかった、しかし代わりにヘンなのめっけたんで貼っておきまするが、サダム・フセインちのお手伝いさんまで首切られたようで、これはかわいそ杉る、しかもなかなかの美人なんだわ、これが。

Saddam Hussein Nanny beheaded by Terrorists - Eyes of Samir



どうだす?(大爆

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]