忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 どうなることかと多少の関心を持って見守っていたんだけど安心しました。
 なんの所縁もない伊藤さんの娘婿を担ぐというあの古色蒼然とした思考が僕には我慢がならなかったんだが、長崎市民もそういう判断をしたのでしょう。

 そしてその我慢がならない延長線上にあるのが落選確定後の記者会見における伊藤さんの娘、すなわち横尾候補の妻の以下の発言です。

長崎市長選:事件に配慮、万歳控え 田上氏
以下引用
一方、伊藤市長の長女の夫で西日本新聞記者の横尾誠さん(40)は22日午後11時50分ごろ、長崎市内の選挙事務所に伊藤市長の長女で妻優子さん(36)とともに喪服姿で現れ、涙ぐみながらあいさつ。伊藤市長の大きな遺影が掲げられた会場で、横尾さんは「伊藤市政への期待をあんな卑劣な暴力で止めるわけにはいかないと立候補した。私のいたらなさでこんな結果になり、本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。  優子さんは「本当にありがとうございました。父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。父は浮かばれないと思います。残念です。父の愛する長崎でこんな仕打ちを受けるとは思いませんでした」と声を詰まらせた。  横尾さんは、東京での記者生活を休職して補充立候補した。1000を超える団体推薦や伊藤市長の後援会組織を受け継ぎ、遺族が喪服姿で街頭に立つなど、徹底して情に訴えたが及ばなかった。
引用終わり

 「父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。父は浮かばれない。」
 いったいこいつらはどういう感覚をしているんだろうか?
有権者の選択を逆恨みする発言としか言い様はないんだが、お前らがチープなお涙頂戴作戦で長崎市民を愚弄した結果がこの選挙結果なんだが、どうもそれもわからないらしい。

 お前らが「長崎市民なんてこんなお涙頂戴でころりといくだろう」と思った傲慢さの結果なのだよ。
お前らこそが亡父を貶めたんだよ。

 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]