忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 正気かよ?(藁
安倍の実質のギブアップ宣言を承けていったいなにを書いているかといつものところをのぞいてみたんだが、これだ。

■2007/09/10 (月) メデイアが作った可憐イメージで当選?(3)、
この女性って誰でしょう?
<<可憐な外見からは想像できない芯の強さ。
リサイクルなどの市民運動で培われた政策通。
彼女の話し方は、説得力に満ちあふれています。
今、元気印の女性のしなやかな感性こそが、県政を変える力です。
ご支援下さい。
江田五月 >>  
 こんなろくでもない話をなんとも勿体振った書き方なんだが、姫井由美子のスキャンダルなんてたかがこんだけの話だろう。
こんな話を持ち出して安倍擁護、自民党擁護の足しになると思っているところがアホらしい。

 これで擁護のつもりのようだから面倒だが書いておいてやるよ。
自民党の現職議員の中には同僚議員と不倫をやった挙げ句に離婚して不倫相手と再婚した奴がいるぢゃねぇか。
しかも自由民主党憲法調査会憲法改正案起草委員会にな。
シモネタ合戦やれば似たり寄ったりなんだよ。(藁

それにしても哀しいほどの見識と品性の低さだな。(大爆

付録-猫の目人物評
ケース:高村正彦氏
■2003/07/21 (月) 元長老総理さん、そろそろ引退なさっては?(1)
そういえば高村代議士も、総裁選がダメなら次の内閣改造で、外相を狙ってるって。だから、イラクにまで出掛けて点稼ぎしてるって。
■2003/09/16 (火) 元三木総理夫人北に利用され宣伝工作員やってる?
高村議員は今回の自民党総裁立候補のご挨拶に三木夫人の所に行った場面をテレビのニュースで放映していました。
彼女のところに行って何か得することがあるのでしょうか?
これは投稿メールということにはなっているが、文体の特徴(特徴といっても褒めているわけではなく、こなれていないという意味ね)とボキャブラリーの品の無さと狭さ、これであることが想像できる。w■2004/05/25 (火) 横田さんらの姿勢に北は戦々恐々、頑張って!
こういう深読みができないで、中曽根氏や高村議員などが、茶々入れて、ケチつけるなんて、何と度量が狭いこと!
この時期この婆さんはこの深読みという言葉を多用していたんだが、これは真性日本語では妄想という語に等しい意味内容と思われる。

 さてここまでが最近のこの婆さんの「高村正彦評」だったわけね。
読んでもわかるように決して好意的ではないんだが、しかし高村さんが防衛相に就任した途端にこれだ。
■2007/08/28 (火) 厳しい世界情勢下、日本一体化は最重要課題!
今回防衛大臣に高村氏就任とあって、ほっとしました。
安倍総理にあっては、山口県出身同士で気心が知れていることもあるのではないかしら?
末尾の行だけでも馬鹿さ加減は知れるんだが、それにしてもこの掌を返すような書きっぷり、この婆さんには羞恥心ちゅうのは無いのはわかっちゃいるが....

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]