忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 4月の東京都知事選に続く敗戦となった共生新党党首の黒川紀章氏(73)。敗戦ショックもどこへやら、次の衆院選では民主党の菅直人代表代行(60)と直接対決すると宣言。さらに27日予定の内閣改造では「ボクは即戦力」と安倍晋三首相(52)に緊急アピールした。

内閣改造に話が及ぶと一転、苦悶(くもん)の表情に。「ボクは即戦力だし、安倍首相から要請があるかもしれない」と明かした。
 建築家として世界的な名声があり、「ポストは外相かな」と大胆予測。さらに「人気のあるボクが入閣すると、自民党は間違いなく息を吹き返す。しかし、それでは選挙で自民党に『NO』を突きつけた国民を裏切ることになる…」と揺れる胸中を激白した。略
 6万5267票で落選した若尾氏は、選挙直後のテレビ番組で「私、当選したらどうしようと思っていた」と告白。さらに、夫で同党党首の黒川氏の出馬についても「この国の政治が、夫が命がけでやるほどの価値があるのかと思う。建築の仕事だけしてほしい」などと、政治活動からの“撤退”をほのめかしていた。
 夫婦揃ってどこまで有権者をなめてんだよ?
 「当選したらどうしよう」と思うくらいなら端から出んなっての。
おまいらのせいで少なくとも13万票が死に票になったわけよ、そこわかってる?



PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]