忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日『サンダーバードの強姦男>乗客を非難するのは容易いが』
 宮本さんの踏切事件の時にも同じことを思ったんだけど、言うは易く行うは難し。 ネット内の口喧嘩程度を喧嘩だと思い、喧嘩が強いなどと思っているような連中は一度ニューヨークのの危険地帯を一人でほっつき歩いてきてみたらどうか?そして果たしてそこで君たちが主張する勇気を示せるものかを試してみてはどうか?  まぁしかしそういう話とは別に、通報くらいは誰かが出来たんだろうよ?
ということを書きましたが一部修正します。恐らく通報は出来なかったと思う。
まず第一に、『善男善女』は人を害することや諍うことを戒めらあれながら育っていますから、余程に人を殴ったり蹴ったりすることになれてなければ、ああいうシチュエーションで行動をするこはできないと思う。
そして車内の非常通報装置ですが、すべて設置位置がこっそりは押せないところにあるし、ましてや、あんなものの存在は日頃余程に訓練されていなければ咄嗟には思い出さないでしょう。
ましてやヘタレは思考停止を起こして考えつかないと思う。

 あとの勇気とか義侠心とかという無形物に関する事項には僕は先稿で書いたように否定的で、群衆というものはそういうものだと思うし、だからこそ、つまりはあり得にくいからこそ宮本警部は顕彰されたわけです。

 これは満州から引き上げた人達からよく聞かされた話ですが、はるばる大陸を南下してくる最中に色々の関門があったんだそうです。
それはロシア兵であったり中華人民であったり朝鮮人であったりしたのだそうですが、そこを通過するために金品を求められるのは当たり前で、ひどいのになると『女を出せ』と言うんだそうです。
それを言われると、その集団の中の未亡人に一斉に仲間の視線が集中するんだそうです。
そしてその未亡人はその集中する視線にたまらず『私が行きます』と言わされてしまうんだそうで、それは『特攻』と呼ばれたそうです。
これは犠牲ですね。

 しかしここから先が醜悪なんですよ。
さんざ犯された挙げ句にその女性が戻ってくると、どうも汚い物を見るような目線で見る。
そして誰も『ありがとう』も『申し訳ない』も言うわけではなく、非道いのはその集団の中の女性達で、自分の子供達に『性病がうつるといけないからあのあばさんにはさわっちゃダメ』と言うようなことを本人に聞こえるようなところで言うのだそうです。

 あなたたちが称える清く正しく雄々しい日本人像も日本人像なのかもしれないけれども、これも立派な日本人像なのですよ。
こんな話を一人二人に聞かされただけなら僕はこういう場合にこんな話は持ち出しませんが、多くの人に聞かされました。
これでは朝鮮人を馬鹿には出来ないと言うことですね。w
これはなんら特殊な例ではなく、戦中も戦後も脈々とあり続けているわけですよ。

 ここまで日本人の精神は腐ってしまったかというようなTBをもらっちゃってますが、総てではないけれども、腐っているのは昔からだと。w

PR
 世の中には隘路にはまってゆくのが好きな人がいるとみえてizaのBLOGにこんな記事があった。
以下引用
 他の要因として多くのブロガーが指摘しているのが極右評論さんのコメントに書かれている理由だ。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51437812.html
 長崎市民がマスコミ(新聞社)に対する不信の念を表明した結果であると思いました、と指摘している。
 西日本新聞も反日系だろう。それに釜山日報社に派遣記者として勤務していたという。九州から見れば
韓国、特に釜山は目と鼻の先、東京どころか大阪よりも近い。関係を親しくしていくことも自然と思われる。
 しかし、思想傾向的にどういう人なのだろう。ふつうに反日なのだろうか。
 どうも、この辺にもう一つの理由があると思えて仕方がない。一介のサラリーマンがいくらボランティアの活動歴があるとはいえ、わずか3日で当選できた理由が今もってよく分からない。

引用終わり

 なんでもかんでも反日かよ?w
 中国が好きなら反日で韓国が好きでも反日?
では聞こうじゃないか、アメリカが好きならどうなんだ?
ひょっとすると愛国的で親日なのかね?
こういうことを書いているから似而非保守はアホだといわれるんだよ。

 馬鹿馬鹿しくて最後まで読む気もしなかったんだけど、考えてみろよ。
 元々伊藤陣営の経済界までが田上支持を表明したことが田上さんの立候補に繋がっているって背景みれば余程の馬鹿でもなければわかると思うのだけど、タイトルが「サラリーマンが3日で長崎市長に当選できたのはなぜ?」というのだからわからないんだろうな。
ましてや伊藤一長と書いた無効票が一万数千あったわけだろ?
これらが伊藤家の遺族や婿殿に対する地元の態度だと思う。

 あまり偏ったソースにばかり依存してると、君たちが日頃罵倒や嘲笑している脳天気な左巻きと符号が違うだけで絶対値は同じ馬鹿になっちゃうぞ。

 自殺未遂かなんかで記事になって以来だと思うんですが、久々に愛染恭子が記事になりました。w

 僕達の世代にとっては愛染恭子は耳慣れた名前で、これから連想するのは一般的には『脇毛』であり、個人的には『グロイ』なのですが、今回は暴行傷害のようです。
※AVを見ないもので黒木香と混同してました。w

元女優の愛染恭子容疑者ら逮捕 知人と交際中の14歳めい殴る
 千葉県警野田署は23日、傷害の疑いで、東京都新宿区北新宿、元女優の愛染恭子容疑者(49)=本名・寺西恭子=と、兄で無職の山崎久夫容疑者(50)=野田市目吹、母親の山崎悦子容疑者(72)=同=を逮捕した。
 調べでは、愛染容疑者ら3人は20日午後4時ごろ、久夫容疑者の自宅で、久夫容疑者の二女で同居している女子中学生(14)にハンガーなどで殴るなどの暴行を加え、全治2週間のけがをさせた疑い。女子中学生は愛染容疑者の知人男性と交際していた。
 3人とも容疑を認めているという。女子中学生が20日夜、室内から逃げだし、野田署に保護された。

 この記事だけ読んでもわからないですが、どうも『この知人の男性』というのは愛染恭子の彼氏なんだそうで、まぁ折檻した、そんなことのようです。

 そしてここで愛染恭子が馬鹿だアホだというのは真っ当ではあるんですが、愛染恭子をのけた関係者三人に限定して考えると、これはこれでまともな家庭における教育であったり躾ではないかと思ったりする。w

 とは言うものの、この記事読んだだけで、も関係者全員が『ろくなもんぢゃね~』という印象は拭えませんが。

 ネットの中の知ったかぶりやマスコミの報道を見ると長崎市長を撃った城尾容疑者がなんだかとっても特殊なような扱われ方をするんですが、相前後した長崎市長狙撃と町田のやくざ同士の殺し合いは本質的に同じですよ。

 一言で言ってしまえば、丁符を上げられなくなったやくざが逆ギレして凶行に及んだ。
たったこれだけのことで背景もへったくれもありはしません。

 ただ、町田の場合問題なのは、やくざが市営住宅に住んでいるってことですね。
この件の他にも生活保護費を詐取しているとか色々とあると思いますが、犯罪をナリワイとする連中とカタギの取り扱いには区別があって然るべきだと思います。

 元々が民主党所属であったのが離党してたのは賢いし、なんと言っても顔が僕の好みなんだな。
さすがに沖縄人は目が高いと言ってしまっては沖縄県民に失礼だけど、これを機会に基地労組の時代は終わりにしましょう。

 ただ基地労組が力を持っている背景ってのも考える必要はあるわけで、僕はこれまで足かけ42年基地のある街、しかも爆音轟く航空や米軍の基地ですが、そんなところに住んできた。
僕自身は反基地闘争や騒音訴訟に身を投じたこともないし投ずる気もないのですが、そういう経験のない人はあまりにも無関心過ぎると思うね。

 戦闘機や攻撃機の離陸時の爆音たるや耐え難いものがあって、そんな中に四六時中いると聴覚がおかしくなるような気がする。
先頃「小松基地騒音公害3・4次訴訟」の控訴審判決がありましたが、僕はあの判決を支持します。

 基地の存在は必要であることを認めた判決でありながら、近隣住民の受ける苦痛にも配慮したもので、判決理由中の「環境基準値の達成につながる騒音抑制のための抜本的対策を何ら講じておらず、違法な航空機騒音を引き続き発生させている」ということは、基地のないところの住民の負担すべきところだと思いますね。

 そういうところに無頓着や無感覚であり続ける限り、そこに売国的勢力のつけいる隙間が生まれるのだろうと思うし、それをさせないためには、基地近隣住民を十把一絡げにして売国奴とかエゴイストと呼びながら、近隣に基地が来ることになれば反対を唱えるであろう売国的エゴイストが頭を切り換えるべきだし、この高裁判決の示す金員は当然そういう人の払うべきコストなんだということだと思います。

 いま自分がいる場所がComfortableであるのはInferiorな場所に住んでいる人の犠牲の上にあるということをしっかりと意識しない限り、そういう人達の理解者であり支援者であるのは常に左巻きのみだという戦後一貫した図式を変えることは出来ないと思います。

 マスコミの論調もとよりネット世論も乗り合わせた40人の乗客を非難するに喧しいんだが果たしてどうなんだろう?
こういう場合、余程に喧嘩が好きかあるいは喧嘩慣れした人間以外が割って入ることは寧ろ別の危険を招来することになるんじゃないのか?
これだけ巷に殺傷能力の高い刃物や銃器が氾濫しているわけで、そういう面では関西は関東の数歩先を行っている。
 宮本さんの踏切事件の時にも同じことを思ったんだけど、言うは易く行うは難し。
 ネット内の口喧嘩程度を喧嘩だと思い、喧嘩が強いなどと思っているような連中は一度ニューヨークのの危険地帯を一人でほっつき歩いてきてみたらどうか?
そして果たしてそこで君たちが主張する勇気を示せるものかを試してみてはどうか?

 まぁしかしそういう話とは別に、通報くらいは誰かが出来たんだろうよ?

JR特急内で女性に乱暴 同乗客脅し通報させず

 どうなることかと多少の関心を持って見守っていたんだけど安心しました。
 なんの所縁もない伊藤さんの娘婿を担ぐというあの古色蒼然とした思考が僕には我慢がならなかったんだが、長崎市民もそういう判断をしたのでしょう。

 そしてその我慢がならない延長線上にあるのが落選確定後の記者会見における伊藤さんの娘、すなわち横尾候補の妻の以下の発言です。

長崎市長選:事件に配慮、万歳控え 田上氏
以下引用
一方、伊藤市長の長女の夫で西日本新聞記者の横尾誠さん(40)は22日午後11時50分ごろ、長崎市内の選挙事務所に伊藤市長の長女で妻優子さん(36)とともに喪服姿で現れ、涙ぐみながらあいさつ。伊藤市長の大きな遺影が掲げられた会場で、横尾さんは「伊藤市政への期待をあんな卑劣な暴力で止めるわけにはいかないと立候補した。私のいたらなさでこんな結果になり、本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。  優子さんは「本当にありがとうございました。父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。父は浮かばれないと思います。残念です。父の愛する長崎でこんな仕打ちを受けるとは思いませんでした」と声を詰まらせた。  横尾さんは、東京での記者生活を休職して補充立候補した。1000を超える団体推薦や伊藤市長の後援会組織を受け継ぎ、遺族が喪服姿で街頭に立つなど、徹底して情に訴えたが及ばなかった。
引用終わり

 「父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。父は浮かばれない。」
 いったいこいつらはどういう感覚をしているんだろうか?
有権者の選択を逆恨みする発言としか言い様はないんだが、お前らがチープなお涙頂戴作戦で長崎市民を愚弄した結果がこの選挙結果なんだが、どうもそれもわからないらしい。

 お前らが「長崎市民なんてこんなお涙頂戴でころりといくだろう」と思った傲慢さの結果なのだよ。
お前らこそが亡父を貶めたんだよ。

 

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]